« 今日から北東北の旅 | トップページ | 同人用名刺を作ることにした。 »

2012年7月 1日 (日)

サークル「裏球委員会」について

 高校時代に野球カードゲーム「熱闘12球団ペナントレース」で仲間内でリーグを組んで遊んでいて、そのリーグ名「裏球リーグ」が発端。名称の「裏球」は
 もう一つ=Another=”裏” の 野”球”リーグという意味。読み方は「うらきゅう」だが「うらたま」と読まれることが多かった。

今思えば”パラレル”という単語も良かったな。

 リーグの運営以外に同リーグの試合結果を載せた新聞を各メンバーに配布してた。出していた新聞の名称は「裏球通信」。”通信”とつけていた理由は、当時嵌っていた本「東京女子高制服図鑑」の増刊号「制服図鑑通信」から来ている。

 大学進学と同時に野球リーグのサークルという意味合いは薄くなり活動停止状態となる。

 大学3年時にコミケに参加した際にサークル参加しようと決意。その際にサークル名を「裏球委員会」で申し込む。この時の活動内容は野球ではなく旅行記、少年ジャンプの目次目録の編纂になっていた。

 出版する作品には「裏球通信」名義で通し番号(~35?)を付けている。ちなみに今回コミケに復帰する際に今までの通し番号はリセットして、新たに「裏球通信叢書」として通し番号を付けることにした。

 主宰のサイト名が「落石総研」なのはネットでのハンドルネーム「落石横丁」からきており、その時点では「裏球委員会」という名前は使用していなかったため。あとどうしても”総研”という言葉が使いたかったため。
 主宰のサイト「落石総研(http://www.pluto.dti.ne.jp/~rakuchan/)」であるが諸処の事情で一部データが閲覧できない状態になっている。更新についても未定なので、データを見たい人はウェブアーカイブhttp://web.archive.org/web/20040726105615/http://www.pluto.dti.ne.jp/~rakuchan/()のデータを…と思っていたら同様に見えないデータが増えていた。探す必要がありますね。

 現在の中心的活動は「週刊少年ジャンプの目次目録の作成」「海外CM地方CMの考察」「マンホールなどの観察」「旅行」となっている。基本的には「今、興味のあることを楽しく味わう」ことを第一にしている。

 ちなみに会員という概念はなく、ちょっとでも関わりのあった人を主宰が勝手にに会員に決めつけている。なので会員数は良くわかってない。

« 今日から北東北の旅 | トップページ | 同人用名刺を作ることにした。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576551/55099115

この記事へのトラックバック一覧です: サークル「裏球委員会」について:

« 今日から北東北の旅 | トップページ | 同人用名刺を作ることにした。 »